便秘は早めに解消

便秘の症状と病気

あなたに起きているさまざまなトラブル、便秘が原因ではありませんか?
便秘になると腸の機能が低下し、食物の消化や血液の流れなどに支障がでてきます。便秘は放っておくとさまざまなトラブルを引き起こし病気になる場合もあります。
たかが便秘と甘く見ていると危険です。便秘は早めに解消しましょう。

 

便秘の症状には次のようなものがあります。
・ 便がたまりお腹が張る
・ 便が出にくくなり排便に時間がかかる
・ 便がたまり、腸の動きが低下することで食欲不振になる
・ 力まないと便がでない
・ めまいや吐き気がする
・ ウサギの糞のようにかたくてコロコロした便がでる
・ 便は出るが量が少ない
・ 毎日出ているのにすっきりしない
・ 臭いオナラが出る
・ 肌にツヤがなくなり、にきびや吹き出物ができる
・ 便がスムーズに出ないため痔になってしまう
・ 肩こりや腰痛、頭痛がする
・ 手足が冷える
・ イライラする
・ よく眠れない

・ 口が臭い

 

このように便秘には便が出ないだけでなくさまざまな症状があります。記載された症状がみられる場合はその症状対策と同時に便秘対策もしてみるといいでしょう。

 

便秘という言葉はよく耳にし、またその症状も比較的広く知られています。しかし、便秘が危険な病気とつながっているという危機感を持っている人はあまりいません。便秘は放っておくと深刻な病気の原因となることがあります。

 

便秘に関係がある病気には次のようなものがあります。
・痔
・ 動脈硬化
・ アトピー、じんましん
・ 乳がん
・ 大腸癌
・ 大腸ポリープ
・ 肝臓障害
・ 高コレステロール血症
・ 胆石
・ 高血圧
・ 心臓発作
・ 自律神経の乱れ
・ 不眠

 

このように便秘は放っておくと不要な成分を排泄できなくなるだけでなく、腸やその他さまざまな機能に障害をもたらし、病気へとつながる危険性があります。
便秘解消、便秘予防をしっかりして、健康な毎日を過ごしましょう。

 

便秘解消するには規則的食生活とバランスのとれた食事、適度な運動、ストレスのたまらない生活、トイレを我慢しないことなどがポイントとなります。便秘かなと思っているあなた。まずは自分の毎日の生活を見なおし、乱れている場合は規則正しい生活になるよう直していきましょう。また便秘がひどい場合は便秘の薬を飲んで便がスムーズにでるようにすることも大切です。便が硬くてなかなか出ないのに無理をして自力で排便をしていると痔につながり、大変なことになる場合もあります。

 

また、便秘は病気が原因で便秘になる場合もありますので便秘がひとい場合や体調がおかしいなと思ったらまずは病院で診てもらうといいでしょう。

善玉菌と悪玉菌

あちこちで耳にする善玉菌と悪玉菌。
善玉菌と悪玉菌は便秘と関係がある菌だということを知っている人は多いでしょう。
しかしこれらの菌がどのように便秘に関係しているか知っていますか?

 

ここで便秘と善玉菌、悪玉菌についてご紹介したいと思います。
人間の腸内には100兆個以上の菌が住んでいると言われています。そしてそれらの菌は体に良い菌である善玉菌、体に悪い菌である悪玉菌、そしてどちらでもない日和見菌に分けられます。
善玉菌は体内で乳酸を作り、腸内を弱酸性に保ち、食べ物の消化吸収を促がしてくれます。善玉菌が腸内に増えることで腸のぜん動運動が活発になるため便秘になりにくくなります。また、善玉菌の作用により腸管内の浸透圧が高まるため、これも便秘防止につながります。
善玉菌として知られているものに乳酸菌があります。乳酸菌は糖を分解して乳酸を作る細菌の総称でビフィズス菌、ヤクルト菌、ラブレ菌などさまざまな種類があります。

 

善玉菌の働きには次のようなものがあります。
・ 悪玉菌が増加するのを抑える
・ 食べ物の消化、吸収を促進する
・ 免疫気力を高め、病気への抵抗力をつける
・ 毒素から体を守り食中毒を予防してくれる
・ 腸のぜん動運動を強め、便秘を予防・改善する
・ ビタミンB群の合成をする
善玉菌である乳酸菌を腸内で増やすには、乳酸菌が入った食品を直接摂取する方法があります。よく知られている物にヤクルト、カルピス、ビオフェルミンなどがあります。腸内の善玉菌を増やす他の方法として乳酸菌の栄養素となる食品を摂って善玉菌を増やすという方法があります。善玉菌の栄養素には食物繊維やオリゴ糖などがあります。

 

一方、悪玉菌は善玉菌と反対の働きをし、便秘をもたらします。
悪玉菌にはウェルシュ菌、ブドウ球菌、緑膿菌などがあります。悪玉菌が増えると腸内がアルカリ性になり食べカスの腐敗が進んだり、細胞の新陳代謝が乱れたり、免疫力が低下したりとさまざまなトラブルを引き起こします。また、悪玉菌が増えると腸のぜん動運動が弱まるため便秘につながります。

 

悪玉菌は次のようなトラブルを引き起こします。
・ 免疫力の低下
・ 腸のぜん動運動を弱め便秘をもたらす
・ 肌荒れや口臭、腹痛
・ 腸内環境の乱れ
・ 内臓への負担の増加
・ 発がん物質の生産量の増加

 

このように悪玉菌はさまざまなトラブルを引き起こし、便秘だけでなく下痢、肌荒れをもたらします。また便秘がひどくなると大腸ガンや大腸ポリープなどの病気にもつながっていくため早めに悪玉菌を減らす必要があります。悪玉菌は運動不足やストレス、不規則な食生活などが原因で増加していきます。

 

規則正しい生活、リラックスした生活を心がけて便秘にならない腸内環境を作るようにしましょう。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク